はじめての空気入りビニール製品

004_banner個人のお客様.jpg

【第三話】持ち手を安定させたい

ううーーーーーーーっ」

ママ「・・・もう少し、空気が入らないかな(汗」

パパ「どうしたの?」

ママ「持ち手がフニャってなるのよ・・・」

パパ「空気が足りないんじゃない? ほら、ポンプで空気を入れてみなよ☆」

ママ「シュッ、シュッ。フニャっとならなくなったわ。ありがとう〜♪」

はじめての傘は生活知育に込めた思い

「はじめての傘®おひさまレインボー」を片手で持ったり、大きく傾けたり、振り回したりすれば、持ち手は折れ曲がってしまうかもしれません。
006_banner振り回しnew.jpg

「はじめての傘®おひさまレインボー」は、市販の骨組みの傘と異なって、幼児用に傘全体がしなやかであることが特徴です。
お子さまの持ち方によっては、持ち手が曲がりやすくなる場合があります。

↓モデルのお姉ちゃん達のように両手で持ちます。
正しい持ち方.jpg

固い骨組みがなく、細い持ち手が肩に食い込まず、軽量低重心なので、
幼児は自然を身体を上手く使って傘をしっかり持つようになります。

007_banner持ち方new.jpg

ポンプで空気を入れて、持ち手を安定させる。

どうしても実用面で気になる場合には、空気入れポンプをご使用ください。
持ち手と形状維持は、より安定します。
ただし、空気の入れ過ぎは、ご使用中にビニール生地が伸びて、張りが弱まることもあります。

ポンプをお求め頂く際には、お店の方に「空気入りビニール製品用の空気入れポンプ」とご指定ください。
また弊社及び販売店で一部取り扱いを始めております。詳しくはinfo@my1st.jpまでお問い合わせくださいませ。


(一礼、おわり)

「はじめての傘®」コンセプトへ移動する

よくある質問(法人様)

005_banner法人のお客様new.jpg
「はじめての傘」のお取り引き

よくある質問(個人さま)

004_banner個人のお客様.jpg
商品購入後のトラブル等への対処


LinkIcon購入者へアンケートのお願い