似顔絵の基にする写真の注意事項

お送りいただく写真について

ご注文フォームの送信後、似顔絵の参考にする写真をお送りいただきます。
お客様からお預かりする写真は、作画の出来映えにも大きく影響します。よりお客様に満足していただくためにも、お送りいただく写真を選ぶ目安とするために、以下をお読みください。

基本事項

顔の輪郭がはっきり分かり、髪型や目鼻立ち、ほくろ等が似顔絵を作画する際の大きな特徴になります。似顔絵の対象者1人につき、最低2枚、可能であれば3枚のお写真をご用意ください。眼鏡や帽子等を着用した写真は、顔の特徴が変化したり、隠れてしまうものは、着用のまま似顔絵を作画します。画像の場合は、1MB(メガバイト)程度にしてメールに添付してください。

良い写真

顔が正面を向いて、より大きくより鮮明に写っているもの 特に目元の特徴が分かる顔の大きさ(切れ目つり目、一重二重など)
顔の凹凸がわかり、顔の立体感が確認できるもの 適度な照明下で撮影されている
ピントが合っているもの
笑顔のもの(また似顔絵にしたい顔の表情のもの)

悪い写真

顔が正面にないもの
何かに隠れていたり写真から顔が切れているもの
顔が小さすぎるもの
写真が暗いもの 髪型が判らなかったり、顔の凹凸が確認できないもの
ピントがぼやけているもの

お勧め出来ない写真

プリクラ等の画像補正のかかったものについては、実際のお顔とイメージが大きく異なる場合がございます。自画撮りの写真については、顔が正面になかったり、ご本人を知らない他人が観ても不自然な表情になる場合がございます。

お願い

お客様にお送りいただいた写真が作画上、判断に迷う場合は、当社から確認のご連絡をすることがございます。もしも納期に影響が生じる時がございます。

▲ コーナートップへ
最終更新日 : 2015-09-04